おすすめ記事:職場選びは慎重に!
求ム、KAIGO人。

介護士のやりがいは?

ハードだけどやりがいが大きい

どんなところにやりがいを感じるの?

感謝される機会が多い

感謝される機会が多い

介護士が何気なく行っているサポートが利用者にとっては日常生活を送る上で欠かせないものです。介護士のおかげでスムーズに動けるため、感謝の気持ちを持っている利用者も多いんです。特に入居型の施設では一緒に過ごす時間も長いためこのような場面が多いですが、その度に「ありがとう」という言葉をかけられると「介護の仕事に就いていてよかった」と感じます。
ですが、一緒に過ごす時間が長いとはいえ、すべての人が最初から心を開いてくれるわけではありません。話をしたり傾聴を続けたりするうちに徐々に仲よくなることができます。頑なであまり会話ができなかった人が心を開いて「ありがとう」といってくれるのは嬉しいものですよね。身体的にも精神的にもハードなことが多い介護士に大きなやりがいを与えてくれることでしょう。

目標に向かって一緒に努力できる

「有する能力に応じて自立した日常生活を支援する」というのが介護保険法の目的です。そのため、利用者がこれまでできなかったことができるようになったり、元気を取り戻したりしている様子を見て介護士としての醍醐味を感じる人も少なくありません。
できなかったことができるようになるには利用者の努力はもちろんですが、介護士の献身的なサポートも必要です。目標に向かって一緒に努力し、その成果が実った時に大きなやりがいを感じますね。

性別や年齢に関係なく働ける

介護士は年齢や経験、資格の有無が問われません。そのため介護の現場では10代~60代まで、さまざまな職種の人たちがチームとなって働いています。それぞれのよさを感じながらお互いに協力し合って利用者やその家族をサポートしていくことに一体感を感じ、やりがいを見出す人もいます。

家事スキルを活かせる

介護士の仕事は家事と通じるところが多いせいか女性の職員が多いですが、その中には日常的に家事を行っている主婦や子育て中のママさんもたくさんいます。自分の得意分野を仕事に活かせるのでやりがいにつながりやすいんですね。自宅では掃除や洗濯などの家事を行っても感謝されることはほとんどありません。「主婦の仕事だから当たり前」と見なされるからですが、介護の現場では何気ない家事なのに「ありがとう」と感謝されることが多いんですよ。これまでの経験や知識が誰かの役に立ち感謝されることにやりがいを感じる人も多いんです。

キャリアアップが期待できる

最初は未経験からはじめて、働きながら資格を取得して介護福祉士やケアマネジャーへとキャリアアップしている人もたくさんいます。年齢や経験によるハンデがほとんどありません。健康であれば何歳になっても現役で働き続けることができますよ。
資格を取得することで、さらなるキャリアアップにつながる介護士は魅力あふれる仕事です。

おすすめカテゴリ

介護士として働くなら知っておきたい!

介護士として働くなら知っておきたい!

おすすめの記事